あなたの志はなんですか?

  • 2015.10.07 Wednesday
  • 19:35
すっかりすずしくなりました。
あっという間に10月も初旬を過ぎていきます。

あなたの志はなんですか?


突然、そう聞かれたら何と答えますか?

私は、恥ずかしながら、明確なものがありませんでした。

めちゃくちゃ頑張らなくてもいつも用意されていたものを手にしていた、そんな育ち方をしたからかしれません。

毎日毎日、安定した生活を維持していくために、ただ動いていた頃、志は子供を育てることであったり、一戸建てのマイホームだったり。
そこには家族、家庭がいることが前提でした。

家庭の主婦で一生を終えることが嫌で、東京に単身赴任してきました。

この10月で6年たったけど、
人から与えたものを目標に向かっていただけで、
自分の心の奥底から沸き上がってくるものではなかったようです。

今はまだ、志はこれです!といえないけど、

手段は何になるかはわからないけど、
人と共に感じ、喜びあうことが私が求めていることなので、
ワクワク楽しい自分にまた来年も出会えることが、今の私の望みです。


あなたの志はなんですか?




紫陽花の季節になりました

  • 2015.06.16 Tuesday
  • 07:16
長いこと更新していませんでした。

桜から薔薇、そしてもう今は
紫陽花の季節になりました。

先日は鎌倉の明月院に紫陽花を見に行ってきました。





紫陽花の原種は日本だそうで、ここでは九割が青色の姫あじさいでした。

どの色が好きですか?









紫陽花は色が変わるところから

移り気、優柔不断などと言われていますが、
花が終わったあと、枯れ落ちないでドライフラワーのようにいるところは、
頑固で根強いのだろうなと思うのです。

ハートの紫陽花も見つけたよ。




紫陽花といえば、

今、製作活動などもしているのですが、紫陽花が好きな方、お二人から髪飾りのオーダーをいただきました。

今日は新月なので、始まりを後押ししてくれたようで、とっても嬉しいです。


ものづくり、モノゴコロ

  • 2015.01.24 Saturday
  • 23:01
どんな仕事に携わっていても、その先にはユーザーがいる
接客業や介護、営業など、直接人と接する仕事もあれば、
デスクワークもあるし、工場の部品を作ったり、プログラミングをしたりといった技術系の仕事もある

ユーザーとの距離が離れていくほどに、見えなくなって、自分の作業に理想を求めがちだけど、
忘れていけないのは、その先にユーザーがいると言うこと

電子部品一つにとっても、例えばそれがスマホの一部だとしたら、
その先には完成したスマートフォンがあり、それを使う人がいて、
スマホが人と人を繋いでいる
スマホのなかで人との交流がある

ただ、製品を作っているのだけど、その製品を使って、誰かの心が暖かくなる

自分のプログラミングが、インターネットで人を繋いでいる
自分が作った料理が、誰かのお腹を満たし、心を満たしている

人の笑顔、満足感、幸福感
自分の作業が、人の心を満たしている

そういう思いで、
形あるもの、形なくともあるものをつくりだしていったら、

きっとその先にある『人』の心にも
作り手の思いは届くはず

あなたも、私も、なにかしら、ものづくりの一員なのです

そしてまた、
自分のまわりにある
見えるもの、見えないけれどあるものには、

作り手の心が宿っているのです

モノゴコロ

未来に向かって変化することは、喜ばしいこと

  • 2014.12.24 Wednesday
  • 09:01
未来に繋げるものは、
形でもあり、
そこに宿る心でもあります

形は変化しても、古きよき精神、真心は受け継がれていきます


ひとは、現状が変化することに、不安や恐れを抱き、
変わることを躊躇します。

ぶれない軸とは、形や現象などの見えるものが変化しても、
真心は変化しないと言うことを信じることです。

また

例え心が変わったとしても
それはその先にある成長への喜びに向けての過程であるということを信じることです。

未来にあるのは、

未来を作り出すのは、

自分ですから、

自分自身を信じることです。

はじめることから繋がる世界

  • 2014.11.30 Sunday
  • 10:48
先日、カラーとアロマを生活で楽しむ勉強会にいって来ました。

その中のひとつに、
自分のテーマのキャッチコピーを作ろう!というのがありました。

自分がどうなりたいか、そしてそれを表現する色を感じてチョイスし、
そこから、キーワードを連想して、自分のキャッチコピーを組み立てていく、という、ワークです。


わたしは、自分の固定観念や思い込みを手放し、
心を開いて、新しい未来を作っていくことをテーマにしたいと思いました。

そしてそこから感じた色を選んでキーワードを繋げて生み出した私のキャッチコピーが

はじめることから、広がる世界



人から、あなたはもらってばかりだねって言われたことがあって、
じゃあその反対に、差し出すとはどういうことなんだろう、と考えました。

感謝の気持ちをかたちにするとしたら、まず物質的なものでしか浮かばない私。

人のために動いていないといわれて、少し落ち込んで、でも意識してすることは違うような気もするし。

等と、考えていくと、どんどんマイナスの渦にはいっていきますね。

大体、マイナスの渦に入るのが好きな傾向性を持っているので、
入らないことを意識することから始めていきます。

そして、
こうしたい、これをする!
という考え以前に、
まず、これをやめる!
を意識していきます。
それは、やりたいことができないのは、習慣や思いこみが邪魔をしているので(ブロック、ストッパー等とも言われますが)
それをやめると決めます。
私の場合は、
マイナスな考え方をやめる!
意識してやめる!

代わりに、まず、うなずく。そして意識して肯定する!

その上で、していくことを設定。

というように、まずは、なにかを始める
私の場合は、やめることを、はじめる

また、平行してコツコツとなにかを始める

そこから繋がって、広がっていく人との世界

これを自分のテーマにしていきます

チョイスした色と繋がっている香りで作った、オリジナルブレンドオイルも、あとから広がるような香りになりました。

金木犀

  • 2014.09.27 Saturday
  • 09:41
朝から、金木犀の香りが漂っています。

奈良では当たり前のことなんだけど、
東京で、今までの五年間、近くに金木犀がなくて、
まぁ、東京はこんなもんだとおもっていました。

7月に東京での拠点を目黒区から、江戸川区に変えてはじめての秋。

金木犀の香りで迎える朝が気持ちいいです。

私が小学生の頃は、10月の第一日曜日が運動会でした。
そして自分の誕生日の前後で、いつも金木犀の香りがこの時期を教えてくれていました。

中学生になって、裁縫ができるようになると、小さな布の袋を縫って中に金木犀を入れてセーラー服のポケットに入れていたのを思い出します。

それから、トイレの芳香剤といえば、金木犀の香りだった頃もありました。

『君の瞳は10000万ボルト』の歌が流行った時も、

きんもーくせいのー、咲く道をー♪


金木犀
きんもくせい

私の大好きな季節がやって来たのをを告げる花です。

心のフィルター

  • 2014.09.07 Sunday
  • 14:44
ある人の日記を読んで、批判してるって思った。
でも、何度も読み返してみると、全くそういう意味ではなかった。

なんで、批判してる、と思ったんだろう。

それは、その人を『批判する人』という目で見ていたから、
そういうフィルターで文章を読んでいたんだ。

同じ出来事を経験したり、話を一緒に聞いていても、その人によって全然違う話になってることがある。
それは、たぶん、その人のフィルターがかかってるから

その人にとっての真実は必ずしも、全員の真実ではないし、

自分の中の真実は、一度立ち止まって、客観的に見る必要があるな。

とおもったのでした。

日常を感じてみる

  • 2014.08.16 Saturday
  • 14:40
奈良に帰っている間、意識して地元の露地物野菜を購入していました。
お盆前まではピーマンや唐辛子、胡瓜、瓜がピーク。



トマトはドライトマトにしておやつにしてた。

むくみ対策に胡瓜はいいらしい

台風のあと、胡瓜が品薄になって、瓜もなくなってきて、今は茄子のスペースが広がってきた。

秋茄子嫁に食わすな、じゃないけど、
季節を感じて、実に面白いなあ。

普段はスーパーで平均的に供給されているハウスものが「あって当たり前」だったけど、
こういう露地物を売っているところでは、季節外れの大根やキャベツ、白菜はお目にかからないのです。

都会にいると、季節を感じ、その季節に合った食べ物を取り入れるって、ちょっと難しい。

今、旬は何かを常にアンテナ張って、ただ、おなかがふくれるだけ
ただ食材買うだけの生活を見直そう。

そんなことを感じ、ぬか漬けにハマっていた2週間の帰省でした。

新しい出発

  • 2014.07.13 Sunday
  • 07:36
昨日、東京での拠点を移動。引っ越し完了しました。


新しい町に慣れるために、
当分はあちこち探検や散策しながら荷物の整理三昧
、などと悠長なことは言ってられず、
それと平行しての仕事が今週は山積みなので、
例年にも増して暑い夏となりそうです♪

新しい畳の匂いに、懐かしい感覚の朝を迎えました。


さて、ここから新しい生活が始まります。

といっても、奈良には、家族がいて、
今まで通りいったり来たりです。

東京に出てきてからの5年間を思い出しながら、
少しずつ、私の仕事のことなども、
書いていけたらと思います。

大祓

  • 2014.06.30 Monday
  • 09:17
昨日は、東京都心は土砂降りで、各地で冠水していました。
ちょうどその頃、私はビジネスパートナーと大きな会合に出ていたので、外の雷を聴きながらの会議。
今朝のニュースで、逆流してマンホールの蓋が吹き上げられていたりと、こんなにすごいことになっていたことを知りました。

奈良では、土の場所が多いのでこの程度の一瞬の土砂降りは、あまりビックリすることでもないのですが、
やっぱり、都会は排水とか、土地が人工的に整備されていることが、よきにつけあしきにつけ、今回の結果になったのですね。

今朝は雨で排水溝に集まっている葉っぱを見て、桜の木を見上げながら、
青々と繁っている葉っぱに生命力を感じました。

あー、そう言えば、夏越の時期

大祓で、スッキリしたんだねー。


さあ、一年の折り返し地点。

今日は5年間お世話になった職場での勤務最後の日なのです。

充実した一日を過ごしましょう。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM