自分を愛でる

  • 2019.04.21 Sunday
  • 08:46
変化を恐れない

周りに言い訳する必要も無い

自分に言い訳するな



少し疲れ溜まっていて、
思考『ポンコツ』状態です。

いや、疲れてなくても
『ポンコツ』な人間かも知れません。

どんなに頑張っても出来ないことってある。
頭ではわかっていても、行動が着いていけない。

出来ないこと=ダメ?

と、ジャッジしてしまう自分が
まだ居ることに気付かされた
今日この頃。


4月 雑感

  • 2019.04.05 Friday
  • 15:42

企業向けの仕事

自営業の仕事

プライベートでのかかわり



いろいろな人とかかわっていると、時代の移り変わりも感じる。

今まで「あたりまえ」とされていたことが、「あたりまえ」じゃなくなり、

「考えられない」ようなことが「考えてもOK」な世の中になり、

がちがちの偏見や固定観念が崩されていく。


それでもまだ頭の固い世界にいる人たちには、

従来の物差しを通して「受け入れられない」ことがあるかもしれないけど、

今はそうでも、あと10年すれば「あたりまえ」になることってたくさんあると思う。


そういう私も、固定観念がまだ残っているから、「受け入れられない」自分もいる。

でも、そんな自分も受け入れて、時代の変化を受け入れていこうと思う。


時代の変化に沿って、価値観や考え方は変化しているし、

それにあらがうことはできない。



令和






逆に、忘れ去られてゆくことが、寂しい時もある。

先日、友が

「日陰(ひかげ)は寒いけど日向(ひなた)は暖かいね」と言った。

日陰と日向、今の若い世代の子たちって、使う言葉だろうかとふと思った。

確かに通じるけれど、日常会話の中で、日向とか日蔭って言葉を使うのだろうか?

「日の当たらないところは寒いけど、日の当たるところは暖かいね」

っていうような気がした。



三寒四温なんて言葉、知ってるのかな?

風に舞う雪を「風花」っていうんだよ。。。



私の世代に使った言葉が、
20年もすれば、
若い子たちには「万葉集」のように感じるのかもしれないな。。。





昔も今もあるもの

昔はあったが今はないもの

昔はなかったけど今はあるもの






きれいな日本語を大切にしたい

七つの習慣

  • 2019.03.30 Saturday
  • 20:50
今日は、リクエストお話会。

『七つの習慣』という
ビジネスの自己啓発ツールを
日常のマインドに落としたセミナー
となりました。

自分の中に答えはあると言うけど、しっかり自分のことを見ているのだろうか?

自分の立場や役割を認識しているか、
自己肯定感の上げ方など、
日常で起きる様々なことへの対応や
判断のポイントを
的確に教えてもらいました。

アフターに頂いたチョコで
お茶しました(*?˘?*)♪?

春分の日に

  • 2019.03.23 Saturday
  • 07:51
3/21の春分の日は、

いちご狩りと、強風の海と、レイラインの玉前神社に行ってきました。



初体験





















菜の花も綺麗だった





九十九里浜









玉前神社






春分の日特別の御朱印を頂きました。





リフレーミング

  • 2019.03.14 Thursday
  • 19:24
同じ太陽を見ていても、

『素敵!』という人と、

『なんか気持ち悪い』

という人がいる。


〇〇に行く、って言うと、

『楽しんできて!』という人と

『気をつけて』という人がいる。


人に伝える時は、

仮にネガティブなことだとしても、

【リフレーミング】して渡したいな。


「人の振り見て我が振り直せ」


そこに引っかかるということは、
自分にもそういう要素があるかもしれないから、
気をつけよう!

相手は鏡。

見せてくれてありがとうございます☆。.:*・゜

☆写真は試作の雲レジン

心の彩り

  • 2019.03.13 Wednesday
  • 06:34
昨日は、行列が出来るお店で海鮮丼のランチを堪能してきました。





ミニチュアドールハウスを作っている友人宅を訪れて、建学させてもらい、
あまりの楽しさに写真を撮り忘れて帰りましたとさ。


十数年かけて集めたミニチュアグッズは、引き出しの中にぎっしり。
季節に合わせて入れ替えしているそうで、
カラーボックス一段一段がお部屋になっていたり、テーマになっていたり。
壁一面がドールハウスコーナーになっていて、ちょっと羨ましかった!

彼女だけの空間。


色んなことがあって、
乗りこえて来た人生の、
背景にある心情に触れた時、
目の前に展開しているドールハウスへの視点が変わりました。



持ち物にしても、行動にしても、
一人一人の心の彩りが、
必ずその背景にあるのですね。




人は、愛おしい

影響力

  • 2019.03.11 Monday
  • 07:04
「発信する」って、
何らかの形で、
必ず人に影響を与えてる。

「受信する」時は、
その人が偉大だとか、
素晴らしいとかいう
「ものさし」を外して、
自分でしっかり考えて受け止める。

というような夢を先日見た。


そして

何気に投稿(発信)した内容から
影響を受けたんじゃないの?
というような、人の行動を
見ることが出来て、
ちょっと笑えた(*>ω<*)

春よ来い

  • 2019.03.01 Friday
  • 09:58
3月に入りました。

3月といえば、
私の中の色のイメージは
ピンク色です。

昨夜の夢は、
梅や桃の花が満開で、
(何故か)ドローンに乗った私がそれを眺めているのでした。

イメージ画像(ネットからお借りしました)



わんこの服もピンクに着替えて

春はもうそこまでやって来てますね。




下ごしらえ

  • 2019.02.23 Saturday
  • 06:54
最近「下ごしらえ」というフレーズが、頭の中によく出てきます。

お料理も、火を入れるまでの、皮をむいたり、切ったり、下味つけたりする方に時間がかかるでしょう。

スポーツのトレーニングに「初動負荷」ってのがあるのですが、それも同じだと思います。
ボールを投げるのも振りかぶりが大事。
テニスボールを打つのもラケットの構えの引きが大事。
鍬を入れるのも持ち上げが大事。

本番は、頑張らないで、その反動で出すだけ。

力を抜くって、そういう事なのかな、と思う今日この頃。

最近は、そういうシンクロな話が多いです( ??? ? ??? )?♪。.:*・゜

今日の気づき

  • 2019.02.22 Friday
  • 14:19
ちょこっと、歌を習っています。

高音域になると、「出さなきゃ」という気持ちが強くなって、声が前に出てしまいます。
カラオケでの歌い方と言えばいいのでしょうか。
人に聞こえるようにとか、頑張って自分の外に声を出すという感じの歌い方を、今までしてきました。

歌ってる本人は、頑張ったとか、達成感とか、ストレス解消とかになるかもしれないけど、翌日は喉がガラガラになってたりします。

今習っている先生の歌い方は、声を外に出すのではなく、自分の内側の脛骨(けいこつ)に響かせるという歌い方。
ふわぁっとあくびした時の喉の開け方。
文字にすると難しいけど、簡単に言うと淡谷のり子さんの歌い方?(笑)

この歌い方にすると、頑張らなくていい(むしろ頑張ると力むから、声も硬くなる)ので、とっても楽に高音域まで声が出ます。

そして頑張らなくても、高音域は、振動して遠くまで伝わるという性質があるので、自分の身体(骨)に振動させて、
自分自身が楽器となって、伝えることができるのです。

歌が好き!
ただそれだけの理由でしたが、
レッスンしながら気づいたのは、歌い方に自分の資質が出るということ。

声を前に出す癖がある。

これは、

〜しなくてはいけない。
きっちり、ちゃんと。
伝えなきゃ!
見て見て!

という思いが強いからです。


ということは、


〜できていない私。
ちゃんとしていない私。
伝えられない私。
聞いてもらえない私。


というものが根底にあるから。

根底で自分を決めつけている間は、
声の出し方は変わりません。

根底を変えるためには、
意識してやり続けてみようと思います。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM