カラーセラピー

  • 2013.09.17 Tuesday
  • 07:16
昨日は地元のお店のイベントのお手伝いをしてきました。

台風が通過するのを待って、予定より2時間遅れの始まり

私はイベントの目玉のひとつとして、カラーセラピー体験を担当させていただきました。


カラーセラピーって、何かわからなくて、


なになに?占い?

自分に似合う色を教えてもらえるの?



そんな乗りでこられた人がほとんどでした。

15分という枠のなかで、何ができる?

こちらはまだまだ田舎だから、カラーセラピーって良く知らないし、
なんなのか受けてみようと思う人ばかり。
好奇心旺盛で、綺麗なカラーボトルに惹かれたり、
60才過ぎて、まだまだ人生を楽しみたい人たち、
子育て真っ最中で、旦那さんやばあばと来ているから子供を見てもらってる間にやって来たママ、

だから

*色ってこんな効果があるんだよ、
*人のことに目を向けてるけど、自分のこと知ってる?
*〜だから出来ない、という風に自分で制限かけて、折角のチャンスを逃さないで

この三点に絞って話しました。

相手との距離が話していくうちに縮まっていく感覚や、
感情の揺れ

同じ色を選んでも、座る人へのキーワードは、相手によって違ってくることも実感

その他色々

ツールを使った飛び入り対面セッションってあんまりしたことないから
いい経験になりました

25人の心にどんな色が塗られたのか

彩るのは本人だけど

私も自分の心にたくさん彩りをいただきました。

色の自分史

  • 2013.06.21 Friday
  • 23:30
突然ですが、生まれてからの自分の最初の記憶を思い出せますか?

その時の気持ちを思い出してみて、

色に例えると何色かしら?



3〜6歳くらいの記憶の中で、心に残る出来事は何かある?

当時のあなたの気持ちを色に例えると何色?


そうやって


小学校時代

中学校時代

高校時代

大学時代

就職時代

結婚時代

子育て時代・・・



何か心の残る出来事を節目にして

それ以前、その時、そのあと というように
分けてもいいかも知れません


さあ 色の移り変わりはどうでしたか


今の色は何色でしょうか

あなたは未来を何色に彩りたいですか

あなたの未来は あなたの強い思いで作られます

そうならないのは

『そんなにうまくいくはずがない』とか

『自分はたいしたことがないから失敗する』

と思っている、 その思いのほうが勝っているからです

『私 変わるんだ  未来の色は薔薇色よ』

と決心すれば、 そのとおり 薔薇色になっていくんですよ


ちなみに 私の小さい頃の思い出の色は「エメラルドグリーン」

「あおみどり」ともいいますが・・

お絵描きが楽しくて、ワクワクしていました。

今の色は 「きみどり」です。

小さい頃の思い出の色に近づいてきているようです



ということで


おすすめカラーは「ピンク」です。

キーワードは「瞬間にする」

パーソナルカラー

  • 2013.06.11 Tuesday
  • 07:00
パーソナルカラーを勉強したのに、あまり活用していないので
近々再講習を受けに行こうと思っています。

洋服を購入するとき、好きな色とか無難な色をついつい選んじゃうけど
はたしてそれが似合っているかというと、なんか違うのよね
まあ、変なことはないんだけど、ぼやんとしてるというか、、、

好きな色と似あう色は違うよね。

パーソナルカラーは、顔の輪郭、肌や目、髪の毛の色から、その人を素敵に引き立てるその人のための色です。

たとえば私の場合、
好きな色はパステル系だったり、ベージュだったり(まったく正反対じゃん)
でも、パーソナルカラーはダークウインターで 
はっきりくっきりなビビットカラーが似あうのです。
そしてね
好きな色を身につけているときは確かに気分もいいし、癒される。(顔も緩んでると思う)

でも 似合う色を身につけると、何と表現していいか、
背筋がピシっと引き締まるというか
なんか下向いて歩いてたのが、胸を張って歩けるというか。

ウインターの色は、シャープでモダン。
ダイナミックな目立ちたがり屋さんにぴったりです。
自分に似あっているから、自信が持てて、うつむき加減な視線がキリッと前向いちゃうんです。(いやほんとに)

似合う色でその人の性格の傾向性までわかっちゃうんですよね。

たとえばスプリングの人はパステル系とかビタミンカラーがお似合いで、
暗くてくすみの強い色は似あいません。

性格は明るくて、生き生きとして輝く春の花畑のようなイメージ。
物事をポジティブにとらえることができ、周囲の人を明るくできる傾向があったりします。

ということは 明るくなりたい、ポジティブになりたいと思えば
スプリングの色の力を使えばいいのです。

昔、色は治療に使われていました
赤は細胞の活性化
紫は免疫力アップ など

色の力で なりたい自分になる
おもしろいでしょ

この辺をもう少し深くお勉強して、外見だけではなく、内面も見つめて磨いて行けるような
オリジナルなパーソナルカラー診断をして行きたいと思います。



今日のおすすめカラーは「ライム(きみどり)」です


キーワードは「合わせない」

色の話

  • 2013.03.17 Sunday
  • 10:03
私たちが生活している身の回りには、たくさんの物があり、たくさんの色を感じることができます。

そもそも、色ってなんでしょう?

色は「光」です。
私たちが見えることのできる可視光線(赤から紫)と、赤外線や紫外線、X線、レントゲン線など目に見えない光もあります。

色の違いは、光の波長の違いです。

光は波の性質を持っていて、波の長さがどのくらいなのかによって色が違うということです。


私たちは、なぜリンゴが赤いと識別できるのでしょう?

赤いリンゴは、赤以外の光を吸収して、赤の光を反射しています。反射された光が私たちの目の入り、赤を感じているのですね。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM