もちつもたれつ

  • 2014.01.24 Friday
  • 12:05
最近思うことです。

自分は何かを作りたいという気持ちはあるけど、ゼロから生み出す、ビジョンを描けることは苦手です。

今、彩くらぶとして、ビジネスパートナーと一緒に仕事をしていますが、自分一人ではできないだろうと思っています。
そんなことを考えていたら、TCカラー創始者のsaiko先生から、メルマガが届きました。

以下転載です。
↓↓↓

さて、今日のテーマは、
「ビジョンを描く人、乗っかる人」

ビジョンを描く人と、
誰かが描いたビジョンに乗っかる方が好きな人がいます。

あなたは、どちらですか?

先日、デザイナーの安藤さんとそんな話をしていました。

私は、やりたいことやビジョンが次々と出てきて、そのたびに
それを伝えて、仲間を集めて、実現することが多いですが、

誰かのビジョンを聞いて、その為に、自分のできる力を発揮して
そのビジョンを叶える手伝いがしたいという人もいます。

安藤さんはまさにそのタイプ。

TCカラーセラピーや鶴岡先生の数秘&カラーの
デザインを担当していますが、

安藤さんのデザインのおかげで、仕事のイメージがどんどん広がって
次は、こんなこと、あんなこと…と、アイディアが湧いて来るのです。

また、TCパパも、私のビジョンを形にするために、サポートしてくれています。

誰かのビジョンがあることで、自分の力を発揮できる人もいるのです。

また、ビジョンを描けても、サポートしてくれる人がいないと、
実現できないこともあります。

ビジョンが描けず、
「何がやりたいのかわからない」

と悩んでいる人は、無理にビジョンを描かなくても良いのではないかと私は思います。

それよりも、ビジョンが浮かばない人、または浮かばない時は、
共感できる素敵なビジョンを描いている人のサポートをしてみては如何でしょうか。

マーくんのヤンキーズ入団が決まりました。
奥さんである里田まいさんが、クローズアップされていますね。

もし、あなたが、マーくんの奥さんなら、きっと、
マーくんのサポートを一生懸命するのではないでしょうか。

もしも、ビジョンを描く側であれば、サポートしたいと
思ってもらえるような魅力的なビジョンを描くことが大切でしょうし、

誰かのビジョンのサポートをする方が自分には向いている…
という人は、素敵なビジョンを描ける人とご縁がつながるように、
エネルギーを注ぐと良いのではないでしょうか。


あなたは、どちらのタイプだと思いますか?


***

転載終わり。



そうなんです。

自分にしかできないことは何だろうと、一生懸命ビジョンを描いていたけど、
私は苦手なんですね。
それよりも人のビジョンを形にすることの方が得意だと言うこと。

『誰かが描いたビジョンに乘っかかる』

それは今まで、人の真似をするとか、人に乗っかるとか、そう言ったことは『ずるい』『努力してない』という悪いイメージを持っていたのです。

でも、それも一つの役割で、何一つ欠けても形にならないのですね。

表に出るもの
影で支えるもの

二つでひとつ

持ちつ持たれつで
自分の役割に自信をもっていきたいと、改めて思いました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM